【 ハードウェア開発・組込みソフトウェア開発・業務システム開発・WEBアプリ開発・コンサルティング・研修 】
トップ事業概要WEBアプリケーション
「創造」すること、それが私たちのDNA
ノウハウ伝承職人
  
『ノウハウ伝承職人』は熟練者の深い知識やノウハウを簡単に動画マニュアルに作成でき、全社で共有し、学ぶことを支援するツールです。

  *業界で一番安い定価1万2千元で提供!
  *Androidタブレット対応版も用意!どこでも使用!簡単操作!
  *商品の導入から活用まで充実したサポート支援!

ノウハウ伝承職人の特長や機能について、解説ムービーにてご紹介。

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

「ノウハウ伝承職人」の特徴

知識・ノウハウの整理・体系化から共有
     独自のノウハウ抽出手順によって整理・体系化しインターネットで共有
     日本語版・中国語版・英語版の3ヶ国語対応
     動画配信でもセキュリティの確保で安心運用を実現

現場で簡単に制作できる
     マウス中心の簡単操作で、短時間でマニュアルを制作
     専用ソフトをインストールする必要がなくインターネットさえあればどこでも制作
     動画上に図形、効果音、文字の書き込み

短時間で効果的に理解できる
     画像と音声の動画解説を採用し、分かりやすく、理解を深める
     シンプルで使いやすいインタフェースで、簡単・直感的な操作が可能
     理解を深める関連情報との連携が可能
     動画の見たいところから、見たいところだけ、再生

「ノウハウ伝承職人」の簡単操作手順

まず始めに家庭用ビデオカメラやカメラ機能付き携帯等で、現場作業を撮影します。
次に、ビデオカメラからパソコンに、動画を取込み、専用ソフトで変換します。
そして、変換した動画を「ノウハウ伝承職人」へ登録します。
登録した動画に、文字や枠、線を配置して、補足説明を付けすると、 動画マニュアルが完成します。

「ノウハウ伝承職人」の活用例

技能伝承、映像資産化
  ベテラン技術者のノウハウを動画マニュアルで保存

教育コスト削減・効率化
  作業者の入れ替りが多い作業の教育ツールとして

出張コスト削減、理解度アップ
  遠隔拠点、作業者に国の言葉のナレーションを加え、教育・技術サポート

バラツキ防止・労働災害の予防
  メンテナンス修理、安全作業マニュアルとして

教育の質向上、個人差解消
  リーダー、教育担当者の指導マニュアル

全拠点の作業標準化による品質向上
  品質確保のための評価作業マニュアルとして

「ノウハウ伝承職人」の導入事例

ノウハウ伝承職人を導入して頂いたお客様の導入事例をご紹介します。

【製造業】三洋電機株式会社様
導入目的
作業者の入れ替わりが頻繁にあって、10人ぐらいの新人教育をたびたびしなければならないので教育
導入効果
毎回同じコンテンツを使えるので、同じレベルの教育ができました。講師が誰でも同じ教育ができ、教育をしたいときにいつでもすぐにできる 現地で作ってもらいましたがこのような効果も出ました。コンテンツ作成するときに、みんなで作業動画の内容や、作業そのものについてレビューをしましたが、その際に作業の改善や、作業の問題点などがたくさん出ました。その結果、作業の改善、効率化 のネタになりました。これは現地会議をしたときにもかなり盛り上がりまして、ラインの班長などからたくさんの意見が出ました。「こっちのラインは、この方向に動かしている」、「こっちの方がやりやすい」、「次の工程のためにはこの向きの方がよい」とか。こういう議論で、いつのまにかばらばらになっていた作業のやり方を、再度適切な方法に統一しなおした事がありました。 作成を担当してもらった人に、作業に対する考え方(重要ポイントや見るべきところ、示すべき内容)の考え方が伝わり、他の作業に展開できました。 作成作業で作業内容を分析していくと、実は作業のやり方が間違っており、本来作業指導されていた内容と違っていたことが分かる場合もありました。

【製造業】松下電工信息儀器(上海)有限会社様
導入目的
個別受注生産が増えて製品の生産期間が短くなってきている。しかしながら、そのための各種マニュアルを文書で作成しようとしても、紙ベースのマニュアルでは作成に時間がかかる為、新機種の立ち上げに時間が掛かってしまい、短い製品ライフサイクルに苦慮している。
導入効果
@本生産時に、生産マニュアルが活用できるので、特定の作業者に作業が集中しなくなり、生産性が向上した。
A生産期間が短期化しても、マニュアルの改訂がすぐにできたので、作業者は、常に最新のマニュアルが見られるようになり、品質の安定に繋がった。
Bマニュアルの維持管理(文書の内容の改訂作業)も容易になった。